内覧の対応方法|不動産売買で利益を得る!ポイントは不動産会社選び

不動産売却は内覧の対応が重要!売却の流れも知ろう

内覧の対応方法

住宅模型

必ず応じる

熊野町では、不動産を購入する場合に内覧をしない人はいないと言われています。内覧はそれほど大切なことなのです。もし、売却予定の不動産を内覧したいという人が現われた場合、積極的に対応するようにしましょう。できるだけ都合を合わせてあげるのです。内覧ができない物件の場合、買い手を見つけるのは難しくなります。内覧には必ず応じるようにしましょう。

玄関をスッキリと

内覧をする人は、まず部屋が綺麗かどうかをチェックします。誰も汚い部屋に住もうとは思わないのです。逆に、部屋が綺麗であれば、不動産を売却できるチャンスは広がるでしょう。高値で売ることも可能です。また、最初にチェックするのは玄関です。玄関が綺麗なら、物件全体が綺麗に見えます。邪魔な物は片付けて、玄関がスッキリと見えるように工夫しましょう。

水回りの清潔感

水回りはカビや水垢が発生しやすい場所です。綺麗に手入れをすることで、清潔感を演出することができるでしょう。洗面所や浴室、そしてトイレや台所の掃除は徹底的に行ないます。シンクや蛇口などが水垢でくすまないように注意しましょう。ハウスクリーニングを依頼することで、カビや水垢を落としきることができます。水回りの手入も怠ってはいけないのです。

不動産売却の流れ

価格相場を確認

不動産を売却する場合、まずは物件の価格相場を確認します。売却価格が相場からかけ離れてしまうと、買手に見向きもされなくなるでしょう。また、価格交渉を踏まえて、少しだけ高めに売却価格を設定するようにします。こうすることで、価格交渉の際に、多少価格を下げることができるのです。お互いに納得できる形で売買ができるでしょう。

業者選び

不動産物件の売買価格が決まったら、業者を選びます。基本的に複数の業者をピックアップしておきましょう。業者同士を比較して選ぶことが重要です。また、査定額だけではなく、対応の良い信頼できる業者を利用します。業者と売買契約を結ぶのです。売り出し価格は、価格相場を参考に決めましょう。

内覧者を迎える

不動産を売りに出したら、内覧者を迎える準備を行ないます。部屋の片付けや清掃など、必要な準備は事前に済ませておきましょう。また、価格交渉に備えてて、限度額も決めておくのがおすすめです。事前に限度額が決まっていれば、突然価格交渉が始まっても慌てずに対応できるでしょう。事前にシミュレーションするのです。

日程の調整

内覧者の中から、不動産の購入希望者が出てくるでしょう。購入希望が現われた場合、様々な交渉を行ないます。基本的に物件を引き渡す日程や、お金の支払いに関する交渉です。この交渉では、こちらの希望もきちんと伝える必要があります。日程の調整については、慎重に行ないましょう。

物件の引き渡し

交渉がうまく進んだら、売買契約を結びます。契約を結んだ後は、物件の引き渡しを行なうのです。物件を引き渡す納期までに、しっかりと荷物などを整理しておきましょう。事前に引越し先を決めておくと、スムーズに作業が進みます。不手際がないように、業者と相談しながら引き渡しの準備を勧めましょう。

不安がある人に

不動産売却がうまくいくか、不安に思っている人は少なくないでしょう。このような人は、不動産売却を行った人の口コミをチェックするのがベストです。不安を取り除くことができるでしょう。

不動産売却経験者の声

準備が大切【40代女性】

事業者と協力して準備を行ったこともあり、納得できる金額で不動産を売ることができました。内覧者からの評判も良くて嬉しかったですね。

価格交渉をうまく進める【60代男性】

価格交渉の進め方が肝心だと思いますね。私は最初で値引きの下限を決めていたので、スムーズに交渉することができました。

綺麗に掃除【50代女性】

部屋の状態が心配だったので、専門のクリーニング業者に清掃を頼むことにしたんです。綺麗に掃除したおかげで、住宅を高く売ることができましたよ。

信頼できる業者と【40代男性】

業者選びに力をいれました。物件の宣伝だったり、サポートもしっかりとしていて安心でしたね。売却もうまくいって、とても満足しています。